月別アーカイブ: 2014年10月

親子で志望校が違う時

中学受験を目指す上で、志望校選びは重要です。
学力などの物理的問題を考慮した後、それでも親子で志望校が違ってしまうケースも多いようです。
大切なのは、ご家庭で納得いくまで話し合う事です。
親御さんの希望を通してしまうと、行きたくなかった学校なのにと言う気持ちが残り、入学した後での学習意欲を左右し兼ねません。
祖父母の意見は、更に慎重に対応しなくてはいけません。
年月が経つうちに変貌を遂げる学校もあります。
良いにしろ悪いにしろ、誤った先入観で判断を歪めないよう、気を付ける必要があります。
とにかく、学校説明会へ行きましょう。
実際の学校を見てみると、考えが変わる場合もあります。
双方が望む学校を良く知る事から始めなければ、話し合いも出来ません。
ただ、子どもは最初に訪れた学校が良く思えてしまう傾向にあるので、その点は注意が必要です。
また、塾の先生にお願いして、アドバイスしてもらうのも一つの方法だと思います。